2012年02月27日

冬のスポーツニュース-3 サッカーとラグビー

またまた久しぶりの更新になってしまいました。

気がつけば、花粉を感じる日もあるようになり、天気予報によれば、これから1〜2週で急激に暖かくなっていくようです。

気がつけば、3月も目の前ですね。


さて、昨晩はサッカーの日本代表の親善試合(対アイスランド)がありました。
結果は快勝だったのですが、気になったのが、相手のアイスランドの選手名です。

ベンチメンバーも含め、全員「○○ソン」

いやー、ビックリです。

そういえば、ほぼ全員「○○ビッチ」とか、ほぼ全員「○○ネン」というチームもありましたが、
名前って面白いですね。


今、テレビでは、ラグビーのトップリーグの決勝を放送しています。
「パナソニック」対「サントリー」なのですが、
ラグビーで「パナソニック」って聞かないなぁと思っていたら、去年までの「三洋」だったんですね。
企業合併の影響がこういうところにも出て、企業の名前もチームの名前も変わっていく。

名前は大切にしたいですね。


posted by nano at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

立春

昨日は節分でした。
(あ、恵方巻きコロン、食べ忘れた(^^;))

そして今日は「立春」です。

まだまだ寒さの厳しい日が続きそうですが、
(昨日は沖縄県以外の46都道府県で氷点下を記録したそうです)
暦の上では、今日から春です。


この「暦(こよみ)の上では」という言葉、ニュースなどでよく耳にします。

かつての日本では、暦は2種類が併用されていました。

「○月○日」というのは、月の満ち欠けを基にした「太陰暦」。
「立春」とか「春分」とかは、太陽の運行を基にした「太陽暦」。
この2つを併用していたので、「太陰太陽暦」といいます。

太陰太陽暦では、太陽暦の部分は、四季 八節 二十四気 七十二候であらわしていました。

四季とは、春夏秋冬。

八節とは、立春、春分、立夏、夏至、立秋、秋分、立冬、冬至。
この八節の前日が「節分」です。

二十四気も、この八節が含まれているので、二十四節気と言うこともあります。

余談ですが、
四季八節から「季節」という言葉が生まれ、
二十四気七十二候から「気候」という言葉が生まれたのかな・・・
と想像しますが、どうなんでしょう?


それはさておき、今日は立春。

気持ちを新たに出発したいですね。
posted by nano at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。