2012年07月26日

熱中症に気をつけよう

梅雨明けしてから、東京は暑い日が続いています。晴れ

今日も35度ぐらいという話。
聞くとそれだけで滅入るから、あまり聞かないようにしています(笑)

暑い日というと、昔は「日射病」に注意と言われていましたが、
ここ数年は、テレビなどでも、「熱中症」というようになってきましたね。

ここ数日は、「水分と塩分の補給を」と、連日伝えられています。
こう暑いと、日に当たっていなくても注意が必要ですね。

都内では、駅や公共機関、診療所などで、よく下の写真のポスターを見かけます。

熱中症に気をつけよう

んー、気持ちはよーく分かるんだけど、

「その前に、脱ごうよ、きみ。着ぐるみなんだから・・・」

と突っ込んでしまうのは僕だけでしょうか?(笑)

posted by nano at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

100円玉?

喫茶店で、お釣りをもらったときに、何か違和感を感じました。

で、よく見てみると、

『100』

と書いてある見たことのない硬貨が混ざっていました。
しかも、100円玉よりひとまわり小さい。

その瞬間、外国の硬貨かなと思ったのですが、次に目に入ったのは、

「昭和50年」

そして、

「EXPO75」「OKINAWA」

どうやら、昭和50年に沖縄で万博が開かれ、その記念硬貨のようです。

お店の人は、「すみません。交換します。」とおっしゃったのですが、
せっかくなので、額面通りの「100円玉」としてその硬貨を受け取ることにしました。

でも、沖縄万博って聞いたことがないなぁ。

で、調べてみたら、「沖縄海洋博」というのがあったんですね。
知らなかった。

ちなみに、記念硬貨は1億枚以上発行されたようで、記念硬貨としての希少性は無いようです。

それにしても、なぜ今、その硬貨を「使った」の人がいるのか・・・
不思議です。
posted by nano at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

今日は何の日?

今から12年前の今日、2000年7月19日、

「二千円札」が発行されました。

現在、日本の貨幣・紙幣は、基本的には1と5を単位としていますが、その中で唯一、2を単位とした紙幣です。

西暦2000年だから2000円札。
大がかりな記念紙幣のようなものでしたね。

しかし、記念紙幣ではなかったので、自動販売機などでは対応しなければならず、それはそれで特需的な要素も生み出したようです。

個人的には、感覚的に使いにくい(わかりにくい)し、何となく他の紙幣と見間違えるような気もしていたので、お釣りなどでもらうとすぐに使っていました。

現在は作られていないので、もうほとんど見かけることも無くなったのではないでしょうか?

私は、たしか昨年の今頃、
お店で支払に使っている人をたまたま見かけたことがあります。
店員さんがビックリしていましたexclamation×2

いま使ったら、
学生のアルバイトさんとかだと、知らない人も多そうですねあせあせ(飛び散る汗)

ちなみに、旧壱万円札・旧五千円札・旧千円札はもちろん、
500円札も、100円札も、紙幣として額面の価値で使用できます。
posted by nano at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。