2010年06月11日

収入保障保険をご存じですか?

「収入保障保険」という保険をご存じでしょうか?

生命保険は、大きく分けると「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3種類あることは、先日書かせて頂きました。

「定期保険」は、掛け捨てではありますが、割安な保険料で大きな保障が得られるので、多くの人にとって、生命保険の代表格です。


この定期保険ですが、細かく分けると代表的なもの4つに分けられます。

1つ目は、保障額が変わらない、普通の定期保険で、平準定期保険ともいわれます。
(多くの人の定期保険はこのタイプだと思います。)

2つ目は、逓減定期保険というもので、保障額は、年々減っていくものです。

3つ目は、逓増定期保険というもので、保障額は、年々増えていきます。
(これはあまりメジャーではありません。)

4つ目は、収入保障保険というもので、これは、保険金が、他のように一括で払われるのではなく、年金形式で支払われる保険です。


さて、多くの人が普通の定期保険(平準定期保険)に加入していると思うのですが、必要な保証額は本当に一定なのでしょうか?

もちろん、保障は大きい方が安心ですが、必要以上の保障は、その分だけ保険料を無駄に払うことになります。

必要な保証額とは、万一の時に、残された遺族がその後の生活を維持するためのものですから、年齢とともに減っていくのではないでしょうか?
例えば、サラリーマン家庭なら、定年までに得られたはずの収入(あるいはそれ以下)で充分なのではないでしょうか?
つまり、定年まで、お給料代わりに年金が得られれば充分なのではないでしょうか?

そう考えると、一番適しているのは、普通の定期保険(平準定期保険)ではなく、収入保障保険なのではないでしょうか?

普通の定期保険と収入保障保険を比較すると、保険料は約半分になります。

普通の定期保険に変わる保険として、ぜひオススメしたい保険です。






posted by nano at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。