2010年06月23日

住宅ローンの繰上返済は「返済額軽減型」で。

住宅ローンを借り入れている方、多いと思います。
私もその1人です。

これから借り入れる方も多いと思います。
住宅ローンの返済方法の1つに「繰上返済」というものがあります。

これは、毎月一定の返済の他に、任意で返済するものです。
繰上返済は全て元本の返済に充てられるので、そこにかかる利息を支払わなくてすむことになります。
結果として、総返済額を減らせるので、余裕があるなら是非実施したい返済です。


さて、その繰上返済ですが、「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があります。

多くの雑誌、書籍やウェブサイトでは『期間短縮型の方がお得です』と書いてあります。

たしかに1回だけ繰り上げるならそのとおりです。
かつて、繰上返済が面倒で、手数料も高額だった時代は、繰上返済なんて稀にしかしないものでしたから、それは常識だったのでしょう。

でも、時代は変わって、繰上返済は、簡単に無料で出来る銀行も多くなりました。
こうなってくると、繰上返済を何度も行うことが苦ではないので、常識も変わってしかるべきです。

繰上返済を継続的に行うことで、『返済額軽減型でも期間短縮型と同じだけ利息軽減効果を得ることができる』のです。

しかも、『返済額軽減型でも最終的には期間短縮型と同じ時期に完済できる』のです。

「そんなはずは無い」と思った方、下記のサイトを是非一度ご覧下さい。グラフ入りで説明しています。
http://www.ac.auone-net.jp/~taro_k/mortgage/

しかも、返済額軽減型で繰上返済をしておけば、返済が苦しいときのリスクを軽減することもできます。

繰上返済では「返済額軽減型」をオススメします。






posted by nano at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。