2010年07月06日

生命保険の二重課税

今日も暑い日が続いていますね晴れ

さて、今日は、生命保険の保険金への課税に関する時事ネタです。
保険金への相続税と所得税の二重課税が争われ、最高裁判決で「二重課税にあたる(つまり国は税金を取りすぎ)」との判決が下されました。


不幸にも生命保険の死亡保険金を受け取ることになった場合、その保険金にも税金がかかります。

どのような税金がかかるかは、保険料を支払った人(契約者)と、亡くなった人(被保険者)と、保険金の受取人、この3者の関係によって変わってきます。
最も一般的なのは、契約者と被保険者が同じで、保険金受取人がご家族、というケースでしょう。
この場合、死亡保険金には相続税が課せられます。
(ただし、非課税枠があるので、税額が0円というケースも多いですが。)

この保険金の受け取り方ですが、一時金として受け取るか、年金形式で受け取るか、を選択できる場合があります。

一時金として受け取る場合は、その時点で(他の遺産も含めて)相続税が計算され、課税関係は終了します。
このケースは、争点とはなっていません。

今回、裁判で問題となったのは、年金形式で受け取っていた保険金です。

この場合、これまで国は、「年金総額の6割」を「年金受給権」として「相続税」の課税対象とし、さらに、毎年の年金に対して「所得税」を課してきました。
今回これが「二重課税」にあたると判断されたのです。


もし、このようなケースで所得税を課されていた方がいらっしゃったら、所得税は返還される可能性が大きいです。
まだ、判決が出たばかりですが、上告審での確定判決なので、国税庁が今後どのような対応を取るか注視したいところです。

参考:
http://news.auone.jp/top_news/news.php?DATATYPE=news&NOT_TOPPAGE=0&PAGE_NO=0&ID=asahi_TKY201007060161


posted by nano at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。