2010年09月10日

ペイオフ

日本振興銀行が破綻しました。
初のペイオフ適用となりそうです。


ペイオフとは、預金者1人当たり1千万円(とその利子)まで保護されるという制度で、逆に言うと1千万円を超える分は保護されない(どうなるかわからない)ということでもあります。

一般にペイオフで保護される1千万円とは、普通預金、定期預金、貯蓄預金などです。
保護されないものの代表として外貨預金、ヒット・スーパーヒットなどがあります。
逆に1千万円を超えても全額保護されるのは、無利子の決済用預金や当座預金です。

誤解されがちなのが投資信託で、これは銀行は販売窓口になっているだけなので、全額(正確には全口)を他の金融機関に移管することが出来ます。ただし、移管先は、同じ投資信託を扱っている金融機関に限られます。
(ちなみに破綻しなくても移管することは可能です。)


では、預金額が1千万円以下なら安心なのかというと、保護されるという面では安心なのですが、実は少々困ったことが起こります。
それは、しばらくの間、預金が凍結されて引き出せないことがあるのです。
(報道によると、幸いにも、今回のケースでは、凍結は日曜までで、月曜日には払い戻しが始められるようですが。)


銀行を選ぶときは利便性だけでなく、安全性にも配慮する必要があると思いますが、預金額にある程度余裕のある方は、メインの銀行の他に、1つでもいいので予備の銀行口座(もちろん、メインとは違う銀行)にお金を入れておくと、より安心だと思います。






posted by nano at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。