2013年02月16日

周遊きっぷ

かつて、JRがまだ国鉄だった頃から、旅行好きの人に長年愛用されていた
「周遊券」
という切符がありました。電車
当時は時刻表が「隠れたベストセラー」と言われた時代。
時刻表の巻頭部分の地図には周遊指定地が表示されており、
その周遊指定地を2箇所以上回ることなどを条件に、
旅行者がオーダーメイドでオリジナルのフリー切符+往復割引切符を作る
というものでした。

当時、周遊券を使ったことがない人も、
その存在だけはかなりの人が知っていたように思います。


ただし周遊券は仕組みが複雑だったことなどから、平成10年、
「周遊きっぷ」
と名前を変え、
全国67ゾーンのフリー切符+往復割引切符
という分かり易い形になりました。

しかしその後、売上の減少とともに周遊ゾーンは次々と廃止され、
現在は13ゾーンだけになっていました。


その「周遊きっぷ」が今年3月31日で発売終了となることが、
JRグループから発表されました。
http://www.jreast.co.jp/press/2012/20130209.pdf


たぶん、
時刻表を買わないで、インターネットで時刻を調べる人がどんどん増えているのが、
売上が減った大きな要因のように思います。
こういうフリー切符の類は、ネットでの時刻検索では出てきませんから、
好きな人以外は存在すら知らない切符になってしまったのだろうと想像します。もうやだ〜(悲しい顔)


用事で出かけるときには、僕もネットでの時刻検索を利用します。
しかし、「旅行」を計画するときには、僕は今でも「時刻表」を愛用しています。

時間に「余裕」という幅のある旅行では、
やはり時刻表の方が圧倒的に使い勝手がよいのです。


「周遊きっぷ」とともに、大切な何かが無くなってしまうような寂しさがあります。
インターネットは便利ですが、それが全てではありませんよね。


posted by nano at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。