2015年01月07日

高額療養費制度の見直し

あまり大きく報道されていませんが、税制や社会保障でこの1月から変わったことがいくつかあります。

その中で、まずお知らせしたいのが、高額療養費制度の見直しです。

「高額療養費制度」とは、
医療費の自己負担額は通常3割(30%)ですが、ひと月の医療費が一定額を超えるとその分の自己負担額は1%だけになる
という制度です。

この30%負担から1%負担に変わる境界は年収に応じて決まるのですが、これまで3区分だったものが5区分に変更されました。


新しい基準等は以下のとおりです。


  所得区分
※1
ひと月あたりの自己負担限度額 多数該当
※2
年収約1,160万円〜の方 252,600円
+(医療費−842,000円)×1%
140,100円
年収約770〜約1,160万円の方 167,400円
+(医療費−558,000円)×1%
93,000円
年収約370〜約770万円の方 80,100円
+(医療費−267,000円)×1%
44,400円
〜年収約370万円の方 57,600円 44,400円
住民税非課税の方 35,400円 24,600円
※1:所得区分は、実際には健保の「標準報酬月額」または国保の「年間所得」で決まります。
※2:直近12か月の間に高額療養費の支給を受けた月が3か月以上ある場合は、4か月目から「多数該当」という扱いになり、自己負担限度額が軽減されます。

参考:厚生労働省ウェブサイト





posted by nano at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金・社会保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。