2015年01月29日

投資信託の分配金と住宅ローン控除

確定申告の季節になりました。

国税庁のHPにも「確定申告書等作成コーナー」が開設されており、比較的容易に申告書を作成することが出来ます。

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm



さて、この季節になると、このブログへの検索キーワードで多くなるのが、
 住宅ローン減税 投資信託 分配金

といったものです。

おそらく、

Q:投資信託の普通分配金で源泉徴収されて所得税(源泉分離課税)から、住宅ローン減税として還付を受けられるか?

という疑問だと思うのですが、結論を先に書くと、
確定申告しない「源泉分離課税」のままでは還付を受けられませんが、
確定申告で「申告分離課税」または「総合課税の配当所得」を選択することで
還付を受けられます。

ただし、公社債投資信託の分配金は、国内・外国とも税務上は「利子所得」なので、還付を受けられません。

また、還付を受ける場合、いくつか注意点があります。



まず、還付される金額の上限についてです。

投資信託は決算期ごとに分配金が支払われることがあり、
その分配金は、大きく3種類に分けられます。

・普通分配金:利益に当たり、課税される。
・特別分配金:元本払戻に当たり、課税されない。
・NISA口座での分配金:利益か払戻かは区別されず、課税されない。

このように課税対象となるのは「普通分配金」のみで、
どのような口座で受け取るかに関わらず(NISA口座を除き)、
20.315%が源泉徴収されています。
(源泉分離課税。所得税 15.315%、住民税 5%)

当然ですが、この支払った源泉徴収税(所得税)を超えて還付されることはありません。



次に、確定申告時に必要な書類についてです。

投資信託を保有している口座は、以下のように区分されます。

・特定口座(源泉徴収あり)で、配当等を受け入れている
・特定口座(源泉徴収あり)で、配当等を受け入れていない
・特定口座(源泉徴収なし)
・一般口座

特定口座(源泉徴収あり)で、配当等を受け入れている場合、
確定申告には年始に送られてくる以下の書類を使用します。
「特定口座年間取引報告書」および「配当等の交付状況」

その他の場合は、分配金支払いごとに送られてくる以下の書類を使用します。
「収益分配金のご案内(兼 支払通知書)」
この書類は、一部の金融機関では郵送ではなくインターネットで閲覧・出力が可能です。



次に、確定申告における所得の種類です。

確定申告の際には、以下のどちらかを選択します。
「申告分離課税」
または
「総合課税の配当所得」

「申告分離課税」の場合、給与等の総合課税の所得や税額には影響しません。
税率は、一律で20.315%(所得税 15.315%、住民税 5%)であり、
申告しない「源泉分離課税」と同じです。

一方、「総合課税の配当所得」として申告する場合、
給与等と同じく総合課税の対象になるので、
税率は所得に応じて異なる累進課税が適用されます。
また、配当所得控除が受けられることがありますが、
控除率は、非株式組入比率・外貨建資産組入比率・所得によって異なり、
控除なし〜6.4%(所得税 5%、住民税 1.4%)です。



なお、控除対象配偶者が上記の「申告分離課税」または「総合課税の配当所得」で確定申告をした場合、
その所得は扶養控除等の判定における合計所得に含まれます。
これにより「配偶者控除」が適用されない可能性が出てきますのでご注意下さい。



参考:国税庁ホームページ

源泉分離課税制度
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2230.htm

申告分離課税制度
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2240.htm

上場株式等の配当所得に係る申告分離課税制度
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1331.htm

配当金を受け取ったとき(配当所得)
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

配当所得があるとき(配当控除)
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1250.htm


posted by nano at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

ユーロMMF

外国為替相場は、円高ドル安、円高ユーロ安が続いています。

為替相場が短期的にどうなるかはわかりませんが、長期的には現在の円高は外貨投資のチャンスと捉える方も多いと思います。


外貨投資の代表的な物としては、外貨預金、外貨MMFが挙げられます。

外貨MMFは、外貨ベースでの安全性に配慮した投資信託です。
外貨預金よりレート面で有利なケースもあり、いつでも換金でき、また証券会社での取扱も多いことから、多くの方が利用していると思います。

そんな中、9月に入って、大和と日興が相次いで「ユーロMMF」の繰上償還を発表しました。
背景には、ユーロの超低金利があり、SMBC日興証券などの資料によれば、債券によっては、ゼロ金利を通りこして「マイナス金利」になっている銘柄もあるようです。


外貨MMFは投資信託ですから、今後、他の通貨や他の運用会社でも、ももちろん繰上償還の可能性はあります。

しかしながら、外貨預金と同様の感覚で利用されていることを考えると、繰上償還されたお金が、その通貨で支払われるのか、円で支払われるのかが、とても気になります。

その通貨で支払われるなら、為替差損がでていても、個人の判断で円安になるのを待つことも出来るわけですが、
円で支払われると、強制的に為替差損(益)が確定してしまいます。
円で支払われた場合、再度その通貨に投資することはできますが、往復の為替コストが無駄になってしまいます。

実際の取り扱いは、同じ外貨MMFでも、販売会社によって違ってくるようです。
今後、外貨MMFを購入するときには、そういう視点でもチェックした方が良いのかもしれません。
posted by nano at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

毎月分配型の投資信託

投資信託の投資対象は様々ですが、基本的には日々値動きするものを投資対象にしているので、投資信託の基準価額(=多くの場合、1万口当たりの値段)も日々上下します。
当然、運用がうまくいって値上がりする時期もあれば、値下がりする時期もあります。

多くの投資信託は、1万口あたり1万円からスタートしますので、ほんの数年前まで、
「年に1〜2回の決算時に1万円を上回っていればその分を分配金として支払う」
というのが主流でした。

しかし、最近の投資信託は、毎月決算があり、分配金が毎月支払われるタイプが「流行り」です。
そして、その「毎月分配型」の分配金は、基準価額に関係なく、安定的に支払われているものが多いようです。

ただし、これはやや不自然な面もあります。
基準価額が下がっているのに分配金が出される例が多いのです。
これはつまり、元本を切り崩しているに過ぎません。
(この状態を、「タコ配」などと言ったりします。)

毎月分配型の投資信託を選ぶには、分配金の健全性に注意する必要がありそうです。
それには、分配金の原資が何なのかを見極めることが重要です。
私なりにランク分けすると、
 ◆A:配当収入から分配金が出されている → 極めて健全
 ◆B:配当収入と値上がり益から分配金が出されている → 健全
 ◆C:元本を切り崩しているが、分配金を考慮すれば累積で右肩上がり → 注意
 ◆D:元本を切り崩しており、分配金を受け取っても累積で右肩下がり → 危険

ただし、目論見書からそれを見極めるのは困難でしょう。

そこで、活用できそうなサイトとして、以下の2つを併用すると、わかりやすいです。

◆モーニングスター
http://www.morningstar.co.jp/fund/
 値動きがグラフでわかります。分配金を受け取った場合、再投資した場合の累積もわかります。

◆SBIファンドバンク
https://www.fundbank.jp/dist400/Top.do
 分配金の健全性がわかります。


毎月支払われる分配金は、将来にわたって約束されたものではありませんし、分配金が減らなかったとしても、元本がどんどん減ったのでは意味がありません。
見かけの利回りだけにとらわれないように注意したいですね。

posted by nano at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

投資信託のリスクを抑える方法 -2 ドルコスト平均法って?

資産形成の手段の王道は、「積立」だと思っています。
最も手軽で身近な積立は、積立定期預金でしょう。

投資信託も、多くの金融機関で積立が出来ます。
投資信託の積立は、多くの金融機関では1万円以上ですが、中には千円から積立できる金融機関もあります。

投資信託は毎日値動きします。
一般的には1万口当たりの金額を基準価額と言います。
投資信託の積立の場合、同じ口数を買うのではなく、まず金額を決めて、毎月決まった日に、その金額で買える口数を買います。
例えば毎月1万円を積み立てる場合、以下のようになります。
・基準価額が10000円の時は、10000口を購入
・基準価額が12000円の時は、8333口を購入
・基準価額が8000円の時は、12500口を購入

この方法を『ドルコスト平均法』と言います。

この方法のメリットは何か。
それは、上にも示したように、基準価額が高いときは少ない口数を、安いときは多い口数を購入することになるのです。
上の例では、購入金額の合計30000円で、口数の合計は30833口。
基準価額が10000円に戻ったとき、時価は30833円になるのです。
値上がりしなくても基準価額が戻っただけで、資産は増えることになります。




posted by nano at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

投資信託のリスクを抑える方法 -1 時間の分散と投資対象の分散

久しぶりのFPネタです。
今日は投資信託について。

投資信託は、元本保証のない金融商品です。

投資対象は、投資信託によって異なり、リスクも様々です。
しかし、どのような投資対象であれ、基本的には値動きする物を投資対象にしていますから、投資信託の運用成績には波があり、成績の良いときもあれば悪いときもあります。
最も安全なMRFでも、それは例外ではなく、元本割れこそしていないものの、利回りは毎日変わります。
リスクの大きな株式投信などではなおさらです。


そこで、リスクを小さくする方法として『分散投資』という考え方があります。

ある1つの投資信託をとっても、投資対象を複数にすることで分散投資しているのですが、
さらに「投資対象の異なる投資信託に投資する」ことで、分散効果をより高めることが出来ます。

よく挙げられる例としては、日本株投信と海外債券投信の組み合わせです。
値動きに全く関連性のない2つの投資信託を保有していた場合、
リターン(利益)は平均になりますが、
リスク(不確実さ)は平均よりも小さくなるのです。
ですから、組み合わせ対象は、出来るだけ関連性のない物にする方が良いというのが、一般的な考え方です。


分散投資のもう1つの方法として、時間の分散があげられます。
一度にまとめて買うのではなく、何度かに分けて買うことで、買付のコストを抑えようとするものです。
この「時間の分散」を有効に使うのが、ドルコスト平均法による積立です。
これについては、また次回に書くことにします。




posted by nano at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

「住宅ローン控除」と「投資信託の分配金の所得税」

確定申告の季節です。
関係の雑誌も店頭で見かけるようになりました。

え? サラリーマンだから関係ない?

まぁまぁ、ちょっと待って下さい。


住宅をローンで購入されて、住宅ローン控除を受けていらっしゃる方も多いと思います。

住宅ローン控除は、控除可能額を満額受け取れているでしょうか?

引ききれない分がある方で、投資信託をお持ちの方、いらっしゃいませんか?


そのような方、
実は、投資信託の普通分配金から源泉徴収されている所得税は、ある方法で確定申告すると、そこからも還付を受けられます。

え? 配当控除を使う?
けど、それだとかえって損?

いえいえ、所得額に関係なく(被扶養者以外なら)誰でも得になる、もっと良い方法があるんです。

それは、「申告分離課税」という方法です。

申告分離課税の場合、
税率は、源泉徴収と変わらず、所得税7%、住民税3%です。
住宅ローン控除の控除可能額に残りがある場合、普通分配金から源泉徴収されている所得税については、還付を受けられるのです。

しかも、分離課税であって、総合課税ではないので、住民税は増えません。
(源泉徴収されているので、それでOK。)

ちなみに、配当控除を使うと、所得によってはかえって損をする場合もありますし、
住民税は源泉徴収の3%から7.2%へと増えてしまいます。


なお、扶養控除の判定上は、被扶養者が、申告分離課税を申告すると、合計所得金額に含まれるので、扶養から外れてしまう可能性があります。
その点はご注意下さい。




posted by nano at 01:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

投資信託をご存じですか -4 分配金って?

久しぶりにFPネタです。

最近、毎月分配型の投資信託が大流行ですが、今日はその分配金についてです。


投資信託は、決算期ごとに分配金というものが支払われます。

利息のようなものと考える人もいますが、利息ではありません。
基本的には、運用益「など」を決算期ごとに還元するものです。
(この「など」が曲者だったりするのですが。)

以前、銀行での取り扱い当初は、利息と誤解を招くような説明をしていた時期もありますが、今はさすがにそれは無いようです。
(現実に私もそういう説明を受けて、「この人、本気で言ってるのか?言わされているのか?」と懐疑的になったことがあります。)


分配金の額は、運用成績や分配方針によって変わりますし、
運用成績や方針によっては、分配金は支払われないこともあります。
逆に方針によっては、成績が出ていないのに、身を削って分配金を出していることもあります。

分配金が多く出たからといって、必ずしも良い投資信託というわけではありませんし、
その逆も、またしかりです。
分配金が多く出ているように見えて、実はどんどん原資を切り崩している、というケースも、残念ながらあるのが現実です。


ところで、多くの投資信託では、分配金を再投資するコースと、受け取るコースがあります。
どちらがよいのかは、目的によって違ってくると思います。

分配金を生活費の足しなどにする場合は、「分配金受取コース」を選択しましょう。
この場合は、毎月あるいは隔月で、安定的に分配金が出ているものが向いています。
安定的に分配金を受け取る場合の指標として、「分配金利回り」というものがありますが、これについてはまた後日。

長期的な運用を目指すのであれば、複利効果が得られる「分配金再投資コース」の方が向いていますし、もっと言えば、分配金を出さない投資信託の方が向いています。
分配金は、原則として税金が引かれるので、たとえ再投資したとしても複利効果は税金の分だけ小さくなるからです。
ただ、長期投資でも、あえて分配金を受け取るというのも、1つの選択肢ですが、これについても、また後日。


今日のところは、
・分配金は利息とは違う
・分配金を生活費の足しなどにする場合は「分配金受取コース」
・長期的な運用を目指すのであれば、複利効果が得られる「分配金再投資コース」
という紹介までにとどめたいと思います。




posted by nano at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

投資信託をご存じですか -3 年金は巨大な投資信託

「投資なんて関係ない」「株価なんて関係ない」と思っていらっしゃる方も多いと思います。
でも、知らないところで、皆さんに大きく関係しているのです。

みなさんの「年金」は、実は巨大な投資信託の一種なのです。

厚生労働省のサイトに次のような記載があります。
http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/tsumitate/shikumi/index.html
「厚生年金・国民年金の積立金(年金積立金)は、(・・・中略・・・)国内外の債券、株式等に分散して運用しています。」

投資なんて怖いと思っている方も多いのだろうと思いますが、実は皆さんの年金は、あなたの知らないところで、債券や株式に投資されているのです。


もちろん、年金の投資対象は、皆さんが指示することは出来ません。
(例外は確定拠出年金で、複数の投資対象から各自で選択できます。)

しかし、普通の投資信託は、皆さんが投資対象をある程度選択できます。
日本の株式に投資するもの、海外の債券に投資するもの、特定の国の株式に投資するもの、などなど。
個別の銘柄までは指定できませんが、どのような内容のものに投資されているのかの外枠は明示されています。
ですから、投資信託を買うときは、その投資対象を知ることがとても重要です。


国に任せっきりも良いですが、自分で考えてみるのも1つの勉強かなと思います。
投資信託は少額(多くの場合1万円)から始められます。
1万円だけでも、買ってみると、経済に対する見方が変わる気がします。




posted by nano at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

外貨預金と外貨MMF

円高、円安という言葉は、よく誤解されがちです。
例えば、1ドル=120円と1ドル=80円では、どちらが円高でしょう?

答えは、80円の方が円高です。
例えば12000円をドルに換えたときのことを考えると分かり易いです。
1ドル=120円だと100ドル。
1ドル=80円だと150ドル。
つまり、円の価値は1ドル=80円の方が1.5倍高いということです。

今、円高が進んでいます。
これは、円の価値が上がっているということで、外貨投資をするチャンスでもあります。

1ドル=80円の時に、12万円をドルにする(ドルを買う)と1500ドル。
これを1ドル=120円の時に、円に戻す(ドルを売る)だけで18万円になります。
難しいことを考える必要はありません。外貨ベースでは安全に配慮した運用で、円安になるのを待てばいいのです。

ただし、そのためには、円安になるまで待てる「時間」が必要です。
待てないお金で外貨投資をしてはいけません。


外貨投資の初級編としては、「外貨預金」と「外貨MMF」があります。

「外貨預金」は、円預金と同様に「外貨普通預金」と「外貨定期預金」があります。
円預金と同様に利息が貰えますが、利率は定期預金の方が上です。
ただし、外貨定期預金は原則として、満期になるまで解約できず、円に戻せません。

そこでオススメしたいのが、「外貨MMF」です。
以前、円のMMFとMRFを紹介しましたが、それらと同様に安全性に配慮して運用されており、その通貨ベースでは元本割れの心配はほとんどありません。
(ちなみに、外貨MMFは「マネー・マーケット・ファンド」、円MMFは「マネー・マネジメント・ファンド」で、定義が若干違いますが、性格はよく似ています。)
外貨MMFは、外貨定期預金なみの利回りが期待でき、分配金は毎月月末に元本に加えられます。
しかも、外貨定期預金と違って、いつでも円に戻すことが出来ます。
ですから、外貨定期預金よりも外貨MMFの方がオススメです。

外貨預金は、多くの銀行で扱っています。 また、外貨MMFは、多くの銀行や証券会社で扱っています。


ところで、外貨預金とか外貨MMFと書きましたが、実際には通貨を選ぶ必要があります。
最もメジャーなのが「米ドル」、次に「ユーロ」。
この2つの外貨は、多くの金融機関で扱っています。
この他にも「豪ドル」や「カナダドル」など様々ありますが、取り扱いは金融機関によって異なります。
通貨によって、利率・利回りは異なります。
が、それよりも為替変動(円高・円安)の方が影響が大きいので、慣れるまでは為替変動幅が比較的小さい「米ドル」が無難な気がします。
(米ドルに対しては、過去の推移から見て、現在は「円高・ドル安」が非常に進んだ状態です。)

忘れたつもりで数年間寝かしておける方は、始めてみる良い機会かもしれません。




posted by nano at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

投資信託をご存じですか -2 MRFとMMF

先日も書いたように、投資信託は、元本保証はありません。

ですが、一度も元本割れしたことのない種類のものもあるのです。


最も安全なものは、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)といって、証券会社で扱っている商品です。
証券会社には、銀行の「普通預金」にあたるものとして、「証券総合口座」というものがあり、MRFは、この証券総合口座のための投資信託で、いつでも自由に出し入れできます。
証券会社によっては、自動引落や給与振込に使える場合もあります。
証券会社の口座に入金すると、自動的にMRFを買うことになるケースが多いです。

MRFは「投資信託」の1種なので、元本保証はありませんが、元本割れしたことは1度もありません。
投資対象は、短期の公社債などです。
株価や為替の影響を受けるものには投資していません。

安全に運用されているとはいえ、投資されているので、わずかですが利益が出ます。
この利益は「分配金」として毎月月末に支払われ、同じMRFに再投資されます。
イメージとしては、普通預金の利息が毎月付くようなものです。
銀行の普通預金よりは、少しだけ利回りがよいです。


MRFとよく似たものに、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)というものがあります。
MMFは、証券会社だけでなく、多くの銀行でも扱っています。
MMFも、投資対象は、MRFと同様に短期の公社債などで、株価や為替の影響を受けるものには投資していません。
ただし、MRFより少しだけ基準が緩くなっています。
このため、長い歴史の中で数回(3〜4回?)だけ元本割れしたことがあります。
このときは、いずれもニュースになりました。

MMFも分配金が毎月月末に支払われ、同じMMFに再投資されます。
MMFは、30日未満で解約すると「信託財産留保金」という手数料的なものがかかりますが、30日以上経過すれば、MMRと同様に自由に引き出せます。


(ちなみに、外貨預金と似ている「外貨MMF」はマネー・マーケット・ファンドの頭文字で、同じMMFでも日本のMMFとはちょっと違います。)
(外貨預金と外貨MMFについては後日また。)


MRFとMMFの違いは、本質的なところでは、MRFの方がより安全性が高いということです。
逆に言うと、MMFの方が若干リスクを取っているということで、このため利回りはMMFの方が若干高くなっています。
普通預金<MRF<MMFというイメージです。
MRFの直近の利回り… http://money.quick.co.jp/fund/mrf.html
MMFの直近の利回り… http://money.quick.co.jp/fund/mmf.html


投資をむやみに推奨するつもりはありませんが、「食わず嫌い」なのもどうかと思います。
まずは、MRFやMMFで、「元本保証がないこと」への自分の許容度を知ってみるのも良いのではないでしょうか?

耐えられないと思えば、止めればよいですし、
もっとリスクを取っても大丈夫と思えば、金額を増やすなり、次のステップへ進めばよいのですから。




posted by nano at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

投資信託をご存じですか? -1 投資信託って何?

東京は暑い日が続いています晴れ

皆さま、体調を崩したりしていないでしょうか?

暑くなってくると、雷が鳴ったりしますが、数日前、近所に雷が落ちたときは雷、隣のパソコンのモニターが、電源が入っていないのに光ってひらめきビックリがく〜(落胆した顔)exclamation
埼玉県の南部では広範囲で停電が起きたそうです。


さて、話はガラッと変わって、今日は「投資信託」のお話を少々。

名前に「投資」って付いているだけで、もう拒否反応をしてしまう方もいらっしゃると思いますが・・・。

投資信託は、証券会社だけではなく、普通の銀行やゆうちょ銀行でも扱っています。
10年ほど前、銀行での販売が解禁されて以来、ずいぶん身近な商品になったので、持っていなくても、名前ぐらいは聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?

ただし、「投資信託」と一口に言っても、現在、約3000もの種類があります。
そして、全ての金融機関で全ての商品を扱っているわけではなく、各金融機関で数種類〜数百種類をピックアップして扱っています。


では、投資信託とは、何なのでしょうか?

投資信託とは、分かり易く言ってしまえば、いろいろな投資対象への投資をパッケージにしたもので、それを小口(目安としては1万円程度から)で買えるようにしたものです。

小口の資金を多くの人から預かって、それを多くの対象に投資することによって、リスクを減らせるのがメリットです。
例えば、普通の人が、個人で100社の株を買うことは、資金的に難しいですが、1万人が1万円ずつ出しあえば、1億円になるので、100社の株を買うことも可能になります。
そうすれば、仮に1社倒産しても、損失は1%ですむ、という発想です。
利益も、損失も、出しあった資金(口数)に応じて配分します。


いま、株を例に出しましたが、投資信託の投資対象は、株だけではなく、国債などの債券や、不動産などを投資対象にしているものもあります。

投資信託は、このように様々な投資対象を組み合わせたパッケージで、どのような種類のものに投資するかの方針は、投資信託ごとに決まっています。


投資対象によって、大きなリスクの代わりに大きなリターンも期待できるものから、極めて安全な代わりに大きなリターンは期待できないものまで、実に様々な種類があります。

投資信託は、元本保証はありませんが、一度も元本割れしたことのない種類のものもあるのです。




posted by nano at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。